パラボラアンテナ

Aqous中心のブログっぽいなにか

世界を変えるということ

ラブライブ!サンシャイン!!2期6話『Aqours WAVE』の再放送があった。個人的にだが、6話から7話の展開はサンシャイン!!で描かれたことのうち、「世界を変える」という点において象徴的に思える。彼女たちが変えられたのものはなにか、掴めたものはなにか…

走り書きの宣伝など

吹奏楽の演奏会に来て欲しい 都民になったこともあり最近やたらTwitterで演奏会来てください!と叫んでる私なんですが、そもそも、そもそもだ「なんか中学のときブラバン部がやってたけど眠かったわあんなん」「あー響けユーフォね、みぞれちゃんかわいい。…

Aqours LIVE & FAN MEETING 〜Landing action Yeah!!〜に寄せて

Aqours LIVE & FAN MEETING 〜Landing action Yeah!!〜が先日遂に千秋楽を迎えた。千葉公演は幸いにも初日公演と千秋楽に参加することができたので、そのときライブで感じたことをつらつらと書いていきたい。きっとトークパートについては私では到底及ばない…

Aqours 素晴らしき2期の楽曲

遂にWATER BLUE NEW WORLDとWONDERFUL STORISESのCDが発売されました。 サンシャイン!!2期を彩った曲たちが全てFull解禁となったということで、 浅く、薄い、私の感想をつらつらと書いていこうかと思います。 ざーーーーっと書いたので要検討事項もあればど…

3話のメモ書き的な

3話についての雑記(?何かのヒントになれば嬉しいです 物語の雰囲気が変わる抽選会後のシーンから時系列的に追っていきます。 抽選会後 スポットライトからの転換→13話のそれ監督が物語を追うことより「彼女たちの心を優先したとき」あるいは千歌ちゃんにの…

あのとき私が見たもの

先日、遂にAqours 1st Live Day2のBlu-rayを観た。なんとなく、買ってすぐ見れなくて、でもこのタイミングで観てしまったので、2nd Live Tour ファイナルの大きすぎるインパクトと共に脳内が洪水状態になってしまっている。 ファンとしての私にとっても、や…

だから、ラブライブ!サンシャイン!!

☆Aqoursと夢 あなたは夢を持ったときのこと、覚えているだろうか? 作品にいろんな感想を持つのは、持つだけなら、それは個人の自由だ。 でも、人と夢の関係を、なんとなく忘れてしまっている人が多いのではないかと思った。 そんなことを思いつつの私なりの…

完全に私的なこと、interlude的な何か

最初のブログ記事でも書いたように私はアマチュアのクラシック演奏家である。基本的には吹奏楽で活動していて、たまに声がかかったらオーケストラにも参加する。 そんな一介の一般人たる私に先日とんでもない話がきた。プロのオーケストラから、次回のベート…

Aqours 2nd Live 神戸公演の私的印象

Aqours 2nd Live 神戸公演初日、「緊張感に欠けた」ようなミスが幾つかあったように思える。そして今までの公演で生じたものとは、タイプが違う印象を受けた。 ライブツアーも残すところは埼玉のみとなった。そんなときだからこそ、今回はあえてステージ上の…

Aqoursのパフォーマンスにおける「正解と不正解」

「パフォーマンスにおける正解とは何か」 おそらく文化活動で客観的に自身の表現に向き合うようになれたとき、 多くの人がぶつかる問題の1つの極致ではないかと思う。 というのも自身の表現を一歩離れて見つめ直したとき、 こうした方がいいんじゃないか、…

「今」こそ『かなことさらら』

何故「今」こそ『かなことさらら』なのか それは忘れもしない2017年5月16日21時の出来事である。 ニコ生公式特番『かなことさらら』初放送。 奇しくもその日は…松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅に出てからちょうど328年後 我々は『かなことさらら』のある世界…

Aqoursのユメ

つい先日、ラブライブ!サンシャイン!!の一挙再放送があった。Blu-rayがあってもスケジュールを立てるのに相応の気合がいるせいか、なかなか1話から全部連続して見直すということはなかったので、こうして改めて連続視聴することで新たな気づきもあり、大…

Aqours 1st LoveLive! に寄せて レポートというより感想

こうやってブログを書くのはいつぶりだろうか。浪人時代の暇つぶしにやっていたのが最初で最後だから、どうやら5年ちょっとくらいになるようだ。なかなかの期間ご無沙汰だったわけだが、数日経ってやっぱりちゃんと文字に起こしたくなった。それほど印象的な…